著作権転載ガイドライン  
作品/ サイトの素材を利用したい方へ

昨今K-LINEが制作したキャラクターに酷似したキャラクターを見かけるようになりました。これらはもちろんK-LINEとは無関係であり、私たちとしてはこれらの画像やデザインの全てを無断で使用すること一切許可しておりません。著作権は放棄もしておりませんので、リスペクトとしてのデザイン利用もお断りさせていただいております。
近年のアジア圏のkemono fursuit文化の発展に伴い、よりその問題が顕著になってきたため当ページにてK-LINEの制作物についての取り扱いを明記するとともに、品質管理部を設置しオンラインでの監視体制を強化致します。
 

アルバ、ルーフェンの取り扱いについて
▶︎デザイン、収益に関する禁止事項

著しく似たデザインの利用、またはデザイン制作したものとして主張する行為。
デザインの完全模倣、または2点(模様、配色、シルエットなど)以上の同じ要素がある模倣作品の制作。
公序良俗に反するイラストの制作。
ファースーツはもちろんフィギュアやぬいぐるみなどの立体物の制作
アルバ、ルーフェンを元にした制作の依頼を受けること。または依頼をすること。(ギフトでも不可)
なりすまし行為。SNSでのアカウント開設(ファンサイトでも不可)
グッズ化、漫画化、および同人誌の制作。
購入したグッズや同人誌の転売、またそれらのデータでの配布。
その他収益が発生すること全ての行い。
 

▶︎撮影された写真や動画に関する禁止事項

縮小以外の加工を行った画像の転載。
転載する画像の送配布。
セリフを付けての転載。
卑猥に見える視点から撮影された写真のweb投稿。
 
これらのガイドラインは随時アップデートされます。
今後も状況に応じより細分化したガイドラインを制作していきます。